お~ぷん東亜(´・ω・`)政経まとめ

主に特亜に絡むニュースをまとめています。

    ブログ(´・ω・`)管理人です
    当ブログをご覧頂いてありがとうございます。
    ☆当ブログはリンクフリーです☆
    ※相互リンク募集中※
    リンクを貼らせて頂いた管理人様 ありがとうございます。<(_ _)>

    カテゴリ: アーカイブ

    c0009042_14533526
    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/07/17(金)22:17:03 ID:p0i
    慶応4(1868)年の今日、江戸が東京と改称されました。

    改称の理由は、皇居のあるところが「京」であり、その皇居が京都から東の江戸に移ったから、と言われます。
    けれどそれならば、むしろ京都が「昔、皇居があったところ」として「西京」、あるいはたとえば「山科京」とでもし、いまの東京を「京」と呼ぶべきです。
    にもかかわらず、どうして「京」は京であり、江戸が「東京」なのでしょうか。

    実は、この「東京」という名前の提唱者は、江戸時代中期の経世家(経済学者)である佐藤信淵(さとうのぶひろ)が文政6(1823)年に著書のなかで提唱したもので、国全体の国防を強化する一環として、江戸を「東の京」、つまり「東京」とすべし、という論じているのです。

    そしてこの論を受けて、幕末、大久保利通が、この佐藤信淵の説を受けて改称を決めたのが「東京」なのです。

    佐藤信淵というのは、秋田出身の元は医者で、江戸に出て開業医をするかたわら、国学者である平田篤胤の門人になりました。
    その後、神道家の吉川源十郎と、幕府に無許可で道場開設のための寄付金集めをしたという咎で江戸を所払いとなり千葉県の船橋に移り住んでいます。
    そして、その船橋で書き上げたのが著書『混同秘策』です。

    この本は最近では、やや意図的に誤訳されて、「世界征服を目論むとんでもない奇書」というレッテルを貼られているようですが、そのように貶められている本に限って、いがいと真実を突いていたりします。
    『混同秘策』の冒頭には、次のように書いてあります。
    ねず式で現代語訳してみます。

    *****
    皇国である日本は、大地の最初にできた国です。
    ですから日本には、世界万国に共通する根本があります。
    日本がその根本を明らかにするとき、世界はひとつになり、天皇を頂いたシラス国となることでしょう。
    謹(つつし)んで神代の古典を拝読してみると、この世の海も山川も、そのことごとくはイザナキ、スサノオなどの神々によって育まれたものとわかります。
    ですから世界万国の安寧を念頭において行動することは、皇国に生まれた者の要務ということができます。
    ******

    というわけで、読み方によっては、まるで世界征服の野望を説いた本のようにみえてしまうかもしれませんが、ちょっと違います。
    佐藤信淵が書いているのは、そういう大切な使命を持った国なのだから、それを護るために、都を江戸に移し、日本の政治機構を江戸、大阪、京都の三箇所、そこからさらに大切な施政機構を、駿河、名古屋、高知、松江、博多、萩、熊本、新潟、青森、仙台など、全国14箇所に分散し、さらにまた海洋においては、八丈島や小笠原諸島、南沙諸島、西沙諸島方面までをも開発しして国防に備えるべし、と書いているわけです。

    佐藤信淵は、この書を、ペリーが来航した嘉永6(1853)年の30年前に、堂々と世に送り出しています。
    要するに、欧米列強が南北米大陸、アフリカ、アジア諸国を次々と侵略し、植民地化していく中にあって、日本の国防がいかにあるべきかを、佐藤信淵は、市井の一介の経世家(経済人)の立場で堂々とこれを語り、江戸中期に本にして著しているわけで、これはもう「すごい!」としか言いようがありません。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    ねずさんのひとりごと 7月17日付け
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2704.html#more

    【【ねずさんのひとりごと】東京はなぜ東京?…、慶応4(1868)年の今日、江戸が東京と改称されました。 ~幕末、小笠原は米国の領土に飲み込まれようとしていた…。 [H27/7/17]】の続きを読む

    i320
    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/07/15(水)01:47:35 ID:OPs
    全文は「余命3年時事日記」の「ヤフートップ記事」で
    http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2015-07-14


    前回ブログで簡単に触れているが、ヤフートップの記事「在日強制送還 なぜデマ拡大」
    を再度検証する。
     ざっと読めばわかるが、
    要するに「通報はやめろ」ということだな。
    7月9日以降大量に発生する不法滞在者の合法的な摘発情報提供行為を妨害するもので、この記事を書いたご本人はそれがわかっているのだろうか?
     実に際どく告訴を避ける表現をしているところを見ると、弁護士か関係者が関わっていることはわかる。
    また、法的な部分については全体的には専門家ははいっていないようだ。
    それに通報の流れについては、わかっていて捏造しているのではなく、実際に厚顔無恥といってもいい記事で、何人かが集まってまとめたものと思われる。
     よくもまあ恥ずかしげもなく、こんな記事をアップしたものだと思う。
    どういう人かは知らないが、少なくともまともではないな。


    最初の7行で以下のチェック。
    .....「この日を期日に在日コリアンが在留資格を失うというデマ」
    在留カードの更新をしなければ在留資格を失うだろう。馬鹿か!
    .....「本日をもって在日コリアンが不法滞在となる」
    在留資格を失えば不法滞在となるだろう。馬鹿か!
    .....「入管に通報すれば強制送還」
    不法滞在は退去強制事案。「つまり強制送還事案だ」馬鹿か!
    .....「国へ帰れと連呼している排外主義者たちが通報を呼びかけていた」
    誰のことだ?行動派で通報派は一人もいないぞ!いい加減なことを言うな!
    .....「個人情報を含む通報りゅうリストなるもの」
    意味がわからん。日本語を使え!
    .....「入管サイトのサーバがダウンしたという情報もある」
    うそを言っちゃいけないよ。この日に備えてシステムアップと増員しているんだよ。

    たった7行でこのざま。このあとこんな馬鹿なことを言っている。
    .....「デマは、その一部の期限が今年7月8日であることを「根拠」にしているようだが、在留資格には何の変更もなく、意図的な曲解どころか事実無根の悪質なデマだとしか言いようがない。」
    A.....君は本当に馬鹿だな。在留資格に変更はない。
    変わるのは所管が法務省から総務省、そして施行システムだけだ。
    いったい何を騒いでいる。
    更新するだけの話だぞ!


    >>2へ続く

    【【余命3年時事日記】「異様な表現で、合法的行為をあたかも違法行為であるかのごとき記述をしている。」 ヤフートップ記事 [H27/7/14]】の続きを読む

    glVJiUqS
    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/07/10(金)23:21:26 ID:LZj
    全文は「小坪しんやのHP」の「サヨク陣営の「7月9日火消し記事」を考察する。」で
    https://samurai20.jp/2015/07/0709hikeshi/

    ○スレ主より

    3行まとめを先に載せておきます(>>5より)

    彼らの主張と目的
    ①ネットむかつく。
    ②行政を動かすやり方はやめて。
     (せめて警察や裁判で戦えるデモや街宣にして。)
    ③入管は嫌い。
    三行にすることができました!

    --------------------転載ここより--------------------


    狙い通りというと、関係各所から怒られそうだが、
    綺麗に決まったので、嬉しい思いはある。

    想定通り、左陣営より火消し記事があがった。
    こちらも想定通り、手段は印象操作によるものであった。

    対策として、同じく印象操作で擁護の記事をアップ。
    時間もタイミングもバッチリであった。

    狙ってくる場所は「通報=強制送還」であると想定。
    ゆえに、こちらも印象操作で誤魔化しつつ、支援してみた。

    ただ、あまりに火消し記事が「純粋な思い」で書かれたためであろう、
    別の問題も生じてしまっている。
    サヨクがして欲しくないことや、弱点的な部分が余りにあからさまに書かれている。

    手の内は晒してよかったのだろうか?
    読み解きを行い分析する中で、逆に不安になった。
    大丈夫ですか?と。


    ○左からの反論

    web上のスラングを借りると「効いてる、効いてる」となるのだろう。
    実は、ここで触れられている内容と、私の発信した記事は、「両方が成り立つ」状態にある。
    どちらも誤ってはいないのだ。

    紹介すると共に読み解いてみよう。

    >>2へ続く

    【【小坪しんやのHP】サヨク陣営の「7月9日火消し記事」を考察する。 [H27/7/10]】の続きを読む

    images (1)
    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/07/08(水)21:46:08 ID:WPk
    全文は「余命3年時事日記」の「おまたせ!みなさん出番ですよ!」で
    http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08


     なんとまあ残り日数がゼロとなった。あらためて日本人は凄いなあと実感している。
    余命は「2015は極限値」としてきた。中国では日本のメディアが総スルーしているが、上海株が8日も大暴落、中国政府の必死の介入も手遅れ、もはや隠しようがない経済破綻状況に陥っている。
    日本では「チャンがこければチョンもコケる」として「中韓放置、まずは国内の大掃除」としてきた安倍シナリオの第一段の幕が下りようとしている。

     9日からは、第一次、二次の通報による影響を見ながら第三次以下をどうするかということになるが、あらたに通名関連、生活保護関連、教育法改正関連、竹島関連、メディア関連等、具体的な取り組みがはじまる。



    安倍シナリオ 7.9 から
    .....7月9日まであと50日あまりとなった。
    敵も反日戦闘旗を掲げているから、こちらもそろそろ戦闘準備にかかろう。
    まず、もう一度、7月8日までの安倍シナリオをおさらいする。7月9日以降は黒白をつける。
    つまり改正外国人登録法未更新者は不法残留犯罪者として分離する。
    「7月8日までの期限に更新したものは住民登録票をもとに脱税、通名口座、生活保護不正受給等のチェックを厳格にしてマイナンバー制度につなげる」というのが既定のシナリオ。
     さてここからだ。
    在日に住民登録させてプラス通名1つという形は、在日を確定させることはできるが、当人がどこでどのように生活しているかまでは把握できない。
    反日勢力の動向など論外だ。この在日、反日勢力の両方に対応する安倍シナリオが通報制度の活用である。
    余命では従前、7月9日までできるだけ引っ張って、在日、反日勢力をあぶり出すのが安倍戦略と記述している。
    現状、まさにその通りに進んでいる。
     企業通報は、もし企業内に不法残留者があったりしてはとんでもないイメージダウンになるので、まず未更新在日はいないだろう。
    結果として、納税、社会保険、給与振り込み等で通名はつかいづらくなる。
    何百万人かがふるいにかけられあぶりだされる。
     企業にとって、そのような該当者がいなければ何も問題になることはなさそうだが、実際は通報によって官憲が企業の内部情報に踏み込んでくることが脅威なのだ。
     今、安倍総理がネット民に期待していることは、ただ一つ。
    在日企業や組織の集団通報である。
    朝日や毎日等の全新聞、全テレビ局、日教組、弁護士、医師等、免許組織の在日情報のアップとその集団通報である。
    個々に在日の社員名か組織員名が2名もわかれば事足りる。
    これからの50日間はこれに全力を挙げていただきたい。
    これが唯一のソフトランディング安倍シナリオだ。
     反日メディアには在日が群れている。日教組にも在日教師が群れている。
    顧客の金を横領する在日弁護士一人だけでもあぶり出しはできる。
    (スレ主により略)
     7月9日は猛烈なアクセスでつながりにくいかもしれないが、ここからがはじまりだ。
    通報による着手と効果には多少の時間がかかる。
    のんびりと行こう。

    >>2へ続く

    【【余命3年時事日記】「ついに残りが0ですな。」おまたせ!みなさん出番ですよ! [H27/7/8]】の続きを読む

    glVJiUqS
    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/07/04(土)01:22:56 ID:yx6
    全文は「小坪しんやのHP」の「「盗聴取材」はなぜ許されないのか。」で
    https://samurai20.jp/2015/07/masugomi-6/


    「壁耳取材」という言葉があるそうです。
    私は存じ上げませんでした。

    昨日の記事で呼びかけた件が影響を与えたかのような記事が、「たまたま」でありますがあがっております。
    その記事において多用されており、初めて知りました。

    どうもビンゴだったようで、「壁耳取材」は「盗聴とは異なる」というスタンスを強く打ち出しています。
    私は壁耳取材なるものは、どんなに言葉を飾ったとて「ただの盗聴取材」だと考えています。

    「メディアの盗聴」を壁耳取材と呼ぶのだと認識しましたが、これは許されるべきではありません。
    壁耳取材は禁じるべきです。
    皆様はどうお考えになりますか?

    併せて「オフレコ取材」と「壁耳取材」の違いを、具体例を挙げて説明してみました。
    この問題の根幹ができる限り多くの方々に伝われば良いなと思います。

    関連:
    ・【名誉回復を!】自民党の宝、木原みのる
    https://samurai20.jp/2015/06/kiharaminoru/
    ・【拡散】「メディアの盗聴の自由」と「国家の機密」、どちらが大事?
    https://samurai20.jp/2015/07/masugomi-5/
    (是非、読んでください。)

    >>2へ続く

    【【小坪しんやのHP】盗聴取材くらいしか情報源が無い左派系メディア [H27/7/3]】の続きを読む

    images (1)
    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/07/04(土)02:40:38 ID:yx6
    全文は「余命3年時事日記」の「7月9日の影響Q&A」で
    http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2015-07-03


    (前略)

    Q.....台湾で暴力事件を起こした俳優の隆大介こと在日韓国人の張明男は通報可?
    A.....
    所属事務所が解雇発表ということだが「隆 大介 東映株式会社 東京撮影所 マネージメント部」との関係は定かではない。
    リストアップを意識して解雇処分としたのだろうがリストから削除する理由にはならない。
    判断はご自身で....。


    Q.....7月1日に兵役忌避者の氏名、年齢、住所を公開するとしていたが?
    A.....
    この件2015年7月1日とはしていなかったはずだ。
    推測だが2015年は意識して外していたようだ。
    この理由は二つある。

    一つは韓国在外国民、とくに多いのは日本と米国だが、その対象者の居住実態が把握されておらず、当然、告知がほとんど進んでいなかったことである。
    二つ目は、日本における在日は通名を利用した生活実態の隠蔽があたりまえになっていて居住の特定が不可能であったということである。
    一つ目の理由については日米間の制度の問題があるのでここではふれない。

     民主党菅直人政権時代に在日リストが韓国に流れたという話が、巷間あちこちで聞かれるが、余命の調べではまったくその事実がなく、余命はそれを疑問視していることに何回かふれている。
     当時、在日関係の関係省庁は、外務省、法務省、総務省、財務省、厚労省...すべてがばらばらで、まとめて情報提供など不可能であった。
    一部の情報が渡された可能性はあるだろうが現実的には使い物にならなかっただろう。
     2012年7月8日以前は「通名は使い放題」「不法滞在者にも住民票」「住居移動に転出証明が不必要」等、在日特権乱れ打ちの猛者がそこら中にいて人物特定などできる状況ではなかった。
    すでに韓国民の義務である税務と兵役を無視、韓国籍を放棄した無国籍在日として日韓双方から睨まれる存在となってはいたものの、菅政権として具体的に在日の個人情報を提供するところまではいっていなかったのだろう。
     安倍政権となって政治面では冷え切っているが、韓国経済と北朝鮮の関係で在日の血と金の必要がでてきて現在に至っているのである。
     「通名廃止は韓国容認」と過去ログで記述しているが、とにもかくにも日本における在日情報の一元化と特定待ちというのが韓国の状況である。
    日本では7月8日をもって在日の居住実態が確定する。
    9日からは特定とあぶり出しだ。
    10月のマイナンバー付与をもって在日データーによる試験運用開始(これ実は内緒でした)。
    2016年度から本格運用開始というスケジュールだが、韓国側の今回のスケジュールと合わせてみると完璧に一致することがわかる。
    もう隠す気などまるでないようだ。


    .....韓国兵務庁、公開対象の忌避者を選ぶため、今月7月から12月にかけてまず「兵役忌避者」の絞込みを開始。
    徴兵、兵役忌避者の氏名・年齢・住所、来年下半期から公開。
     来年下半期から、正当な理由なく兵役義務を忌避した人物の身元情報がインターネットで公開される。
    (スレ主により略)
    朝鮮日報
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00001047-chosun-kr

    >>2へ続く

    【【余命3年時事日記】各地の戦況を解説 7月9日の影響Q&A [H27/7/3]】の続きを読む

    このページのトップヘ