お~ぷん東亜(´・ω・`)政経まとめ

主に特亜に絡むニュースをまとめています。

    ブログ(´・ω・`)管理人です
    当ブログをご覧頂いてありがとうございます。
    ☆当ブログはリンクフリーです☆
    ※相互リンク募集中※
    リンクを貼らせて頂いた管理人様 ありがとうございます。<(_ _)>

    カテゴリ: アーカイブ

    23
    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/08/18(火)22:44:23 ID:ys0
    現在、ブログの削除対策(下記参照)を理由に、官邸メールが猛烈なスピードでアップされています
    そんな訳で、総合スレを立てましたノ

    添付資料の部分の大部分はスレでは省略しているので、URLより飛んでください
    それと、スレは改行等を追加しているので、コピーされる方は注意して下さい

    ==========================================================================
    重要なお知らせ

    まさかに備えて、再三、シナリオの説明はしてあるが、今回はあらためて具体的な段取りについてふれておきたいと思う。
     各サイトでもご案内のように、今回の集団集中通報と集中官邸メールは猛烈に効いている。
    在日や反日勢力はこれを止めたいが止める手段がない。
    唯一の方法が記事と期日をまとめている余命ということで削除という荒療治に踏み切ったということである。
     常識的にはいわゆる禁じ手であって、絶対使ってはならないものであるが、なりふりかまっていられない状況に追い込まれてしまっているということだろう。
     ということは、通報は継続として、官邸メールの発信を固定化して、案件記事も固定化すればいいということだ。
    予定では余命25号以上の案件があるので、一通り終わったあとになるが、以降はメール末尾番号の日にお願いしたい。
    余命1号、11号、21号は1日、11日、21日で、余命2号、12号、22号は2日、12日、22日という具合だ。
    ゼロは前後適当に!つまり1日には1号、11号、21号の発信となる。
     これなら期日が決定しているから余命がいようがいまいが影響がない。
    これにあわせて、官邸メール案件は説明抜きで、先にアップしておく。
    よってアップされた案件の発信以降は末尾のナンバーで継続してお願いしたい。
    こうしておけば削除問題も関係がなくなるということだ。
    「余命三年時事日記」の「緊急 官邸メール11号」
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/08/15/%E7%B7%8A%E6%A5%E3%80%E5%AE%E9%B8%E3%A1%E3%BC%E3%AB11%E5%8F%B7/
    ==========================================================================


    ○スレ目次
    >>2 余命15号外国人の選挙活動 16号外国人参政権
    >>3 余命17号選挙関連の国籍条項, 18号不正選挙
    >>4 余命19号 不正手段による入国者の罰則強化は当然
    >>5 余命20号 新弁護士会の設立について
    >>6 余命21号 日本メディア 余命22号 NHK課金
    >>7 余命23号 在日韓国人への警告について
    >>8 余命24号 在日朝鮮人の帰化について
    >>9 余命25号 教育に関する在日特権について


    ○官邸メール1号から14号は以下のスレ参照

    【余命3年時事日記】「テーマは在日特権の剥奪ということになる」官邸メールをはじめましょう [H27/8/4]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438722479/l50
    【余命3年時事日記】「通報が守りの意味合いが強いのに対し、官邸メールの方は積極的な事態打開という意味合いが強い。」官邸メール 余命4~10号 [H27/8/5]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438867259/l50
    【余命三年時事日記】「警察庁締め切りが8月22日なのでとりあえずご覧になったら発信をお願いしたい。」 復活した余命三年時事日記 さっそく余命11号~14号を掲載 [H27/8/15]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1439622242/l50

    >>11号12号の記事におーぷんのスレ
    【外国人参政権】全国1700自治体中、303の自治体で既に成立。「常設型住民投票条例」より悪質な「自治基本条例」[6/4]の紹介ありhttp://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401857424/l50

    【【余命三年時事日記】官邸メール総合スレ [H27/8/18]】の続きを読む

    yuji38
    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/08/15(土)16:04:02 ID:K5e
    ○スレ目次
    >>1 余命11号
    >>2 余命12号
    >>3 余命13号,余命14号
    >>4 重要なお知らせ-記事の削除対策


    ========================転載ここより========================

     みなさんご苦労様である。今回は緊急に官邸メールをお願いする。
    予定は余命16号だったのだが、パブリックコメントの締め切り日と開始日を間違えていた。
    警察庁締め切りが8月22日なのでとりあえずご覧になったら発信をお願いしたい。
    宛先は通常通り、官邸で結構である。
    あとは官邸がふりわけて処理をする。
     この件は従前から政治ブログ「大和心への回帰」さんがアップ呼びかけていたものだが目指すことは一緒である。
    余命は今取り組んでいる官邸メールというかたちで協力したいということである。この件は振り分けがあるので「余命11号」は忘れずに!


    ---------------------------------------------
    テーマ 余命11号 テロ資産凍結法施行パブリックコメントについて
    要望
    テロ支援勢力撲滅は喫緊の課題である。とくに以下のような勢力は国民の命と生活の安全に大きな脅威を与えるもので放置は許されない。一刻も早い対応を要望する。
    ・身代金を払えといった勢力。
    ・中東支援を撤回しろといった勢力。
    ・人質の命と引き換えに安倍総理辞任を促した勢力。
    ・ヨルダン側に責任があるといった勢力。
    ---------------------------------------------


    .....以上の関連で「大和心への回帰」というブログを紹介する。
    政治関係の情報と分析を主にされているが、余命とは入り口が少し違うので取り上げたことはなかった。
    ただ従前から余名の記事について完璧に読みを入れて分析していたので、戦略的に閉口していたブログである。
    今回のパブコメを機会にみなさんも訪問されてはいかがだろう。

    (後略)

    全文は「余命三年時事日記」の「緊急 官邸メール11号」で
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/08/15/%E7%B7%8A%E6%A5%E3%80%E5%AE%E9%B8%E3%A1%E3%BC%E3%AB11%E5%8F%B7/

    【【余命三年時事日記】「警察庁締め切りが8月22日なのでとりあえずご覧になったら発信をお願いしたい。」 復活した余命三年時事日記 さっそく余命11号~14号を掲載 [H27/8/15]】の続きを読む

    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/08/14(金)20:14:07 ID:4dz
    これは、「チベット本土からインドへ亡命した子供たちの絵」の絵本です。
    子供の目から見た、「現実」とはどのようなものでしょうか。

    恐らくそれはモニターを通じて見る知識とは異なり
    迫真に迫るものがあると思います。

    貴方はこれを見て、どのように感じますか?

    no title


    全文は「小坪しんやのHP」の「チベット本土からインドへ亡命した子供たちの絵」で
    https://samurai20.jp/2015/08/freetibet/

    >>2へ続く

    【【小坪しんやのHP】「逮捕された後は拷問が待っています。」チベット本土からインドへ亡命した子供たちの絵 [H27/8/14]】の続きを読む

    no title
    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/08/08(土)22:34:37 ID:Fzp
    ◆日本初「在日」外国人犯罪の公的統計資料公開 - 坂東忠信
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235414

    日本国内の外国人犯罪と言えば、「来日外国人犯罪の検挙情況」
    という統計が毎年警察庁から発表されていますね。

    でもこれはあくまで「来日」であって、「永住者」「特別永住者」
    「永住者の配偶者」などを含めた「在日」外国人の犯罪検挙情況は
    全く公表されたことがありませんでした。

    「在日」外国人犯罪の公的統計は、おそらくこれが日本初でしょう。

    【【坂東忠信の日中憂考】日本初「在日」外国人犯罪の公的統計資料公開 [H27/8/4]】の続きを読む

    img_1
    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/07/30(木)03:55:22 ID:pRE
    ---------------------------------------------------------------
    何とか5スレ以内にまとめようとしましたが、不可能な量でした。
    ですので、今回は冒頭文のみの紹介という形でお届けしたいと思います。(・ω・)ノ
    ---------------------------------------------------------------

    ※この記事は18禁です。
    18歳未満の方と女性の方はお読みにならないでください。

    ご紹介するお話は、調寛雅著『天皇さまが泣いてござった』に所蔵された「Sさんの悲劇」の転載です。
    これは実際に通州事件を体験なさった日本人女性の目撃談であり体験談です。

    当時Sさんは支那人男性の妻となり、支那人として通州で働いていました。
    そのSさんの目の前で事件は起こりました。
    文中にはありませんが、この旦那さんの支那人は、もともと支那のスパイであったといわれています。

    事件後、あまりのショックに離婚したSさんは、陸軍の取調べ後、担当した士官がたいへんに同情してくれ、
    当時陛下との関係の深かった因通寺のご住職である調寛雅(しらべかんが)氏に、Sさんを預けました。
    そこでご住職が彼女が語った内容を本にまとめて出版しています。

    本からの転載にあたっては、徳島の保守さんが、因通寺のご許可をいただいて本から文字起こしをし、ネット上にあげてくださいました。
    また私の拡散にあたっては、徳島の保守さんからお寺にご承認をいただいています。

    たいへんに衝撃的な内容ですが、まだお読み出ない方は、是非ご一読なさってください。
    なお、たいへんに残酷な描写が出てまいりますので、この記事は18禁とさせていただきました。

    通州事件の「Sさんの体験談」は、平成21(2009)年6月の以降、毎年この時期にアップしていますので、すでにお読みになられた方も多いかと思います。
    けれど出来ましたなら、ご供養のためにも、もう一度お読みになってください。
    集合知という言葉がありますが、支那人というものがだんだんにわかって来、
    東シナ海問題などが表面化してきたいま、あらためてこの記事を読むと、
    おそらく去年読んだときと、また違った印象があろうかと思います。

    (以下、体験談はリンク先へどうぞ)

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    ねずさんのひとりごと 7月29日付け
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2717.html#more

    【【ねずさんのひとりごと】(支那人の残虐性)通州事件の惨劇「Sさんの体験談」※この記事は18禁です。18歳未満の方と女性の方はお読みにならないでください。[H27/7/30]】の続きを読む

    no title1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/07/25(土)20:33:05 ID:eJ2
    全文は「小坪しんやのHP」の「【拡散】過激派と同列に扱われる「確かなテロ政党」日本共産党(公安調査庁) #本当に止める」で
    https://samurai20.jp/2015/07/aka-6/


    先般、警察庁が発表した「暴力革命の方針を堅持する日本共産党」の紹介を行いました。
    https://samurai20.jp/2015/07/aka-2/

    ご存じでしょうか。
    公安調査庁からも、「内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)」との名で資料が出されていることを。
    その中においては、過激派やテロ団体と、日本共産党は明らかに同列に扱われていることを。

    具体的には以下に記載されています。


    ・内外情勢の回顧と展望(平成27年1月)公安調査庁
    国内情勢2 社会的に注目を浴びた事象をめぐる諸団体の動向
    2-1 普天間基地代替施設建設の中止を訴える運動を展開
    2-2 慰安婦問題をめぐり政府の対応を追及
    2-3 「再稼働阻止」を掲げて反原発運動を継続
    2-4 政府が進める重要政治課題を捉え政権批判を展開

    国内情勢3 過激派
    3-1 革労協解放派の反主流派がゲリラ事件をじゃっ起
    3-2 組織拡大を企図して労働者の取り込みに力を注いだ過激派
    3-3 日本赤軍・「よど号」グループの動向

    国内情勢4 共産党
    4 安倍政権との対決姿勢を強める共産党




    >>2へ続く

    【【小坪しんやのHP】過激派と同列に扱われる「確かなテロ政党」日本共産党(公安調査庁) #本当に止める [H27/7/25]】の続きを読む

    img_2
    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/07/22(水)16:32:44 ID:X8W

    以前にも書いたことがありますが、世界の国家(南太平洋の島国を除く)は、210カ国ありました。
    そしてこの200年間の間に、そのうちの60あまりの国家が消滅しています。
    10数カ国は自発的に他国と合併しました。
    残る51カ国は近隣諸国からの軍事侵略によって消滅しました。

    それらすべてが平和裏のうちに新たな国家となり、また民衆のための平和国家が建設されたというばかりであれば、それは歓迎すべきことです。
    けれど現実に起きたことは、そこに戦闘があり、また武器を持たない者から虐殺され、奪われ、強姦されて殺害されてきたという事実です。

    たとえばチベットは、かつて支那の西奥の広大な地域を国土に持つ人口600万人の仏教国でした。
    支那に清王朝があった時代、清國皇帝はチベットを仏教国として敬いました。
    チベットは清朝の柵封国ではあったけれど、清國の領土ではなく、かつ、清國皇帝から尊敬を得た独立国家だったのです。

    そのチベットは、国民の1割が僧侶という、平和で争いのない国でした。
    そこに、大東亜戦争が終結した4年後の昭和24(1949)年、建国したての支那共産党の人民解放軍が押し寄せました。
    このときの中共政府の言い分は、「我が国領土を確定する」という、実に身勝手なものでした。
    けれど、もうひとつ大切なファクターがあります。
    それが「富」です。
    建国早々にチベットを襲った支那共産党は、蒋介石率いる支那国民党を武力によって倒して支那での政権を樹立した政権です。
    なぜ国民党を倒すことができたかといえば、ソ連から武力装備の援助を受けたからです。
    ソ連が援助した中身は、旧日本軍から取り上げた装備です。
    他人のものだから、無償で提供してもソ連は、自分の国のフトコロが痛むわけではなかったのです。
    おかげで崩壊寸前にあった支那共産党は、勢力を盛り返し、支那国民党を打ち破ることができました。
    ところがこれには、大きな「お釣り」がありました。
    というのは、支那共産党が、「ソ連の援助を受けて建国」すれば、建国後にはソ連の属国にならなければならないのです。
    つまり支那共産党は、「支那を領土として確定」した瞬間に、その領土をソ連に捧げなければならなくなります。

    なぜなら、ソ連はただ善意で支那共産党を助けたわけではないからです。
    ソ連から武器の供給を受けて戦った支那共産党は、ソ連から提供された武器その他の代金を払わなければ、そのままソ連に飲み込まれ、独立国ではなくなるのです。
    そのためには、ソ連に支払いをしなければなりません。

    ここで支那という国の国情を、もう一度振り返ってみます。
    支那は、清王朝にせよ、支那国民党にせよ、支那共産党にせよ、単一の政権が国土を牛耳っている国民国家ではありません。
    支那には大きく分けて7つの軍閥があり、それらの軍閥の下には、さらに無数の軍閥が複雑な階層を担っている、支那は古来、そういう国です。

    これはたとえていえば、日本という国の中に、山口組や稲川会、住吉会、会津小鉄会、共政会など、いま21の全国指定広域暴力団がありますが、
    その暴力団には、さらにその下部に無数の中小規模の暴力団があり、そして日本国政府なるものが「暴力団の上に乗っかっている」そんな状況にたとえることができます。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    ねずさんのひとりごと 7月22日付け
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2709.html#more

    【【ねずさんのひとりごと】チベット侵略 ~150万人の国民を虐殺し全人口の4分の1を虐殺した。[H27/7/22]】の続きを読む

    このページのトップヘ