お~ぷん東亜(´・ω・`)政経まとめ

主に特亜に絡むニュースをまとめています。

    ブログ(´・ω・`)管理人です
    当ブログをご覧頂いてありがとうございます。
    ☆当ブログはリンクフリーです☆
    ※相互リンク募集中※
    リンクを貼らせて頂いた管理人様 ありがとうございます。<(_ _)>

    カテゴリ: その他

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 06:14:13.31 ID:???.net
    <韓日国交50周年特集>「継続は力」実感…積み重ねた交流

    代わるがわる韓国語で自己紹介する生徒
    no title


    ■□
    自由の森学園高校(埼玉・飯能)
    韓国をトータル学習…映画やグルメ、K-POP

     自由の森学園高校(鬼沢真之理事長、埼玉県飯能市)には韓国の歴史や文化を学ぶ教科「韓国講座」
    というユニークな選択授業が用意されている。県内で同様の講座を開設している高校があるのか、
    担当の藤原敏教諭に確認したところ、「聞いたことがない」という。

    加害の歴史を掘り下げ学ぶ

     「韓国講座」ではアジアに対する加害の歴史を掘り下げて学ぶ。藤原教諭は「正しい歴史認識は、
    アジアの人々と友好関係を結ぶうえで欠かせない」と話す。生徒と一緒に韓国の映画を見たり、食べ物の
    話題で盛り上がり、K‐POPに合わせて一緒にダンスに興じることも。

     講座の大きな柱は夏の韓国研修旅行だ。20人ほどの生徒が8日間の滞在期間中、歴史を正面から見つめ
    ようと、元慰安婦のハルモニが共同生活しているナヌムの家や植民地時代の歴史を肌で体感できる独立
    記念館、西大門刑務所跡も訪れる。

     交流先のサンマウル高校(江華島)ではテーマをひとつ決めて、生徒どうし話し合う。この後のチマ・
    チョゴリとゆかたを交換する異文化体験は、最も盛り上がる瞬間だ。そのまま双方の伝統的な遊びを
    楽しむ。ホームステイ先での交流も得がたい体験のようだ。

     逆に冬休みには韓国から高校生を迎え入れることから、在学中の3年間で自然と濃密な人間関係が
    形成される。韓国講座を選択した卒業生のひとりは、卒業してからも依然として韓国ファンだという。
    「親にあいそつかれるほど韓国が好きだ。もう韓国は私にとって海外ではない。高校の時に先方の友人が
    僕らは兄弟と言った。いまでもやっぱり他人とは思えない」との一文を寄稿している。

     韓国との交流は95年から始まった。「歴史を正面から見つめよう」という社会科教員グループの熱意が
    きっかけだった。訪韓して教員どうし、歴史認識や授業づくりをテーマとした意見交換を重ねるうち、
    双方の高校での相互授業交流へと発展した。98年からは交流の主役が、教員から生徒どうしへと移っている。

     藤原教諭は話す。「日韓の友好のためになにが大事なのか。まず、楽しくなければ友好は始まらない。
    しかし、楽しさだけでも友好は深まりません。歴史問題にちゅうちょなく向き合っていくことが大事なのです」

     「韓国講座」がきっかけとなって韓国の大学に進学したり、語学留学する卒業生もこれまでに8人ほど
    出ているという。以下略

    http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=20578

    【【話題】埼玉の高校で「韓国講座」 アジアへの加害の歴史を学ぶ 夏にはナヌムの家や西大門刑務所跡を訪問】の続きを読む

    image001
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/30(火)12:41:24 ID:???
    神奈川県の箱根山の大涌谷で30日午前、29日に確認された
    新たな噴気孔の周辺に火山灰などが積もっていることが確認され、
    気象庁は「箱根山で、ごく小規模な噴火が発生したとみられる」と発表し、
    噴火警戒レベルをレベル2からレベル3に引き上げ、
    大涌谷から1キロ程度の範囲では噴火に伴う噴石などに警戒を呼びかけています。

    全文 NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150630/k10010132771000.html

    【【火山情報】箱根山ごく小規模噴火か 警戒レベル3に引き上げ [H27/6/30]】の続きを読む

    aa41cdfa8f8709eb887ad25fa8779f42
    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/06/29(月)00:40:03 ID:NTU
    全文は「小坪しんやのHP」の「【拡散】忘れてはならぬ日韓関係の今まで。②」で
    https://samurai20.jp/2015/06/takari2/


    私たち、今を生きる日本人たちが忘れてはならぬことがある。
    「これから」を決めるため、為さねばならぬことがあるからだ。
    刻み込んでおくべき事柄がある。

    【拡散】「強制徴用」という、新たなタカリ。①の続編となる。
    https://samurai20.jp/2015/06/takari1/

    忘れてはならぬ。
    単に名誉の問題にとどまらない。
    後述するが、若者の未来を売り払ったのだ、
    少子高齢化から、結果的には今の福祉財源の枯渇、年金問題まで私はここに問題があると考えている。

    若き政治家として、譲れぬ部分であり感情面より許せぬ部分だ。
    具体的に、そして短く(流用の効く資料として)まとめてみたい。

    >>2へ続く

    【【小坪しんやのHP】「為替を含む経済損失、そして、いまの若者がどのような目にあわされたか。例示して行こう。」 [H27/6/28]】の続きを読む

    Emperor_Taishō
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/28(日)11:13:17 ID:???
    (略)

    大正天皇実録は大正天皇が47歳で崩御するまでの日々の動静を記した公式の記録集で、平成14年から公開されましたが、個人情報の保護などを理由に全体のおよそ3%が黒く塗りつぶされていました。

    一方、去年完成した昭和天皇実録は個人情報にあたるものも可能なかぎり、公開するとして黒塗りは行われず、NHKでは大正天皇実録についても同じ基準で公開するよう申請し、宮内庁は当時の措置を見直して
    黒塗り部分のおよそ8割を解除しました。

    この中には、病弱だった大正天皇が事実上、引退する原因となった発語障害や歩行困難などの体調の異状や、晩年の脳貧血の病状などが詳しく記されている箇所もあります。

    また、即位後、元老の山県有朋などの要人と頻繁に会っていたことや、
    第1次世界大戦について軍の幹部から、たびたび説明を受けていたことなども分かりました。

    こうした動静について宮内庁は「公式には発表されていない私的なものだ」として、当初、黒塗りにして公開を見送ったということです。

    近現代史が専門の日本大学の古川隆久教授は、
    「本来公開されるべき情報が長年伏せられていたことは大きな問題だ」としたうえで、今回、黒塗りの大部分が公開されたことについて、
    「戦前の天皇は最高の公人であり、実質的に活動していた時期を中心に多くの記述が読めるようになったことは、当時の国の動きや大正天皇の人物像の研究を深める手がかりになる」と話しています。

    以下略 全文 NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150627/k10010130031000.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 22◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434619627/769

    【【皇室】「大正天皇実録」 黒塗りだった記録公開 [H27/6/28]】の続きを読む

    plt1506250026-p4
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/25(木)21:51:56 ID:???
     海上自衛隊は25日、神奈川県の厚木基地で、初の国産ジェット哨戒機P1の機内を報道陣に初めて公開した。来年3月末までに運用試験を終了し、来年4月から本格運用が可能になる予定。

     公開された機体の操縦席はデジタル化により複数の画面が並んでいた。
    全長約38メートルの機体の中ほどに新たに搭載された潜水艦探知用ソナーを落とす装置があり、ソナーの情報を分析する装置が操縦席の後ろに設置されていた。
    隊員は「これまで以上に操縦しやすくなった」と話した。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/150625/plt1506250026-n1.html

    【【ブサヨ憤死】初の国産ジェット哨戒機P1の機内を初公開 厚木基地 [H27/6/25]】の続きを読む

    ダウンロード
    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/06/23(火)22:40:28 ID:???
    ○戦時の女性のことを書いてみたいと思います。
    このお話は『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」の第二巻で「玉砕前の結婚式」としてご紹介したお話です。

    ○1 五十倍の敵に包囲された拉孟守備隊▼

    昭和19(1944)年6月から9月にかけて、ビルマ(現、ミャンマー)と中国の国境付近で壮絶な戦いがありました。拉孟の戦いと呼ばれています。
    この地を守る日本軍は最後の一兵まで戦い抜き、120日間という長期戦の末に玉砕しました。

    守備隊1280名のうち、三百名はほとんど体の動かない傷病兵でした。
    そのなかには、15名の女性もいました。襲いかかった敵は5万の大軍です。
    是が非でも援?ルートを確保したい?介石は、国民党最強といわれる雲南遠征軍を拉孟に差し向けたのです。
    それはアメリカのジョセフ・スティルウェル陸軍大将が直接訓練を施した、最新鋭装備の軍でした。(中略)

    上空からは、拉孟を死守する守備隊の周辺を、敵の大軍がびっしり取り囲んでいる様子がよく見えました。
    小林機は高度を30メートルにまで下げ、50キロの落下傘つき弾薬筒を二個投下しました。
    これに応えて守備隊の兵や女性たちが、ちぎれんばかりに手を振りました。

    小林中尉はこの何分か何十分後かに戦死しているかもしれない彼たち、彼女たちの顔を心に刻み込もうと、飛行機から身を乗り出すようにして目を凝らしました。
    けれど溢れる涙で目がかすみ、はっきり見えなかったそうです。

    「空中補給終了次第、ただちに戦場を離脱せよ」との命令だったのですが、熱い思いにかられた小林機は、敵の弾幕をくぐりながら、あらんかぎりの銃弾を敵陣に叩き込みました。
    愛機を敵弾が貫きました。
    体を弾がかすめました。
    それでも弾倉が空になるまで、撃ち続けたそうです。
    痛いほど、その気持ちが分かる気がします。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    ねずさんのひとりごと 6月23日付け
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2679.html#more

    【【ねずさんのひとりごと】拉孟の戦い(国民党5万対日本守備隊1280名)120日間の激戦 ~50倍の敵に包囲された拉孟守備隊と15名の女性たち [H27/6/23]】の続きを読む

    NPSrogo_Twitter_F_400x400
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/23(火)11:11:57 ID:???
     日本中を震撼させた神戸連続児童殺傷事件(1997年)の犯人「少年A」の手記
    『絶歌』(太田出版)が6月11日に刊行された。翌日、被害者遺族は
    「重大な二次被害を受ける」と出版社に抗議し、本の回収を申し入れ、
    一部の書店では販売を自粛する動きも出た。

     2012年冬、Aは大手出版社・幻冬舎の見城徹・社長に宛てて自筆の手紙を出した。関係者が話す。

    「手紙には社長へのラブコールとともに“自分の本を出したい”との強い思いが綴られていたそうです。
    社長は、過去に殺人犯の手記を編集した経験のある編集者ら数人のチームを立ち上げた。
    2013年にはAが会社を訪れ、社長らと直接打ち合わせもしています。
    そのなかで、Aから“1冊目はノンフィクションがいいが、次は小説を書くことも考えている”
    という提案があったようです」

    続き NEWSポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20150622_330959.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 22◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434619627/324

    【【胸糞】酒鬼薔薇 1冊目はノンフィクション、次は小説と出版社に提案 [H27/6/23]】の続きを読む

    このページのトップヘ