お~ぷん東亜(´・ω・`)政経まとめ

主に特亜に絡むニュースをまとめています。

    ブログ(´・ω・`)管理人です
    当ブログをご覧頂いてありがとうございます。
    ☆当ブログはリンクフリーです☆
    ※相互リンク募集中※
    リンクを貼らせて頂いた管理人様 ありがとうございます。<(_ _)>

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/05/15(金)15:14:43 ID:???

    ○櫻井よしこ氏「・・・これ福島さんにも関係のある事なので、ちょっとお聞き出来ればと思って今日来たんですけれども、この慰安婦の問題についてね、92年93年ですかね、日本国政府と韓国政府の間でね、そのなんとか慰安婦の人達のメンツを救う手立てを考えてほしいと。

    これは『強制連行、強制性があったんだという事を言ってくれればね、韓国政府は二度とこの問題を持ち出しません』という、暗黙の合意があって、これもう石原官房副長官とか色んな方々に取材して私書きましたけども、で、日本国政府、は『そうか』と思って『それならば』という事で強制性を認めた訳ですよね。

    そしたら今度、韓国政府は、それを使って『あなた方認めたでしょ!?』と。『ちゃんと保障してください』という風になった訳ですね。

    ですから私は国際政治というのは、もちろんお互い本当に100%本当に信頼できる場合は良いんですけれども、今までの戦後の歴史を見ると、
    中国政府との交渉、韓国政府との交渉、信頼できる時もあった。確かにありました。
    信頼出来ない時もあった。じゃあこの中でですね、日本が謝った時は本当にこれからの交渉が、、」

    福島瑞穂氏「私は、謝ったらそれでメルケルさんじゃないけれども、起こった歴史的な事に 関して、それはキチッと侵略戦争であり、そして植民地支配であり、謝罪・反省、それは言うべきだと思います。それを言ったからと言って解決するとかしないではなく、寧ろそれを言わない事によって誤ったメッセージを出すという風に思っています。

    そして慰安婦問題は外交問題ではなくてぇ、重要な女性の尊厳と、基本的人権にする、 あの侵害ですよ~。」

    (CM突入)

    櫻井氏「福島さんね、あの、福島さんは93年の河野談話が出る前にですね、16人の慰安婦の方々の聞き取り調査の席に同席されましたよねぇ。
    あの時に、その『強制連行だった』という証言はあったんですか? 」
    (思い出そうとしているのか焦っているのか??斜め上を見て・・)

    【【BS日テレ深層NEWS】櫻井よしこ、福島みずほ「深層NEWS」5月13日「歴史認識と憲法改正」~「16人の朝鮮人元慰安婦聞き取り」の件」「文字起こし」[H27/5/15]】の続きを読む

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/05/05(火)21:01:35 ID:???
    二二六事件(昭和11(1936)年2月26日)が起きたとき、青年将校たちによって国会議事堂が占拠されたことは、皆様御存知のことと思います。
    ところがこのときの国会議事堂は、建物はいまの国会議事堂ですけれども、まだ未完成の建物でした。
    ですから当時は、国会議事堂ではなくて、「国会仮議事堂」と呼ばれていました。

    いまの国会議事堂の建設が始まったのが大正9(1920)年1月30日のことです。
    完成したのが、冒頭の二二六事件の後の昭和11(1936)年11月7日のことです。
    なんと着工から16年11ヶ月という、ありえないほどの長期間を経て、ようやくいまの国会議事堂が完成しています。
    国権の最高府である国会議事堂が、完成までにどうしてそのように長い年月がかかったのでしょうか。
    また日本では、明治時代から国会が開催されていたはずですが、その国会は、いったいどこでやっていたのでしょうか。

    歴史をたどってみますと、まずはじめに明治天皇から国会開設の詔(みことのり)が発せられたのが、明治14(1881)年10月のことです。
    そして最初の議会(第一回帝国議会)は、明治23(1890)年11月29日に開催されました。
    つまり、いまの国会議事堂ができあがるよりも46年も前から国会は開催されていたわけです。
    その第一回の帝国議会は、いま経済産業省がある千代田区霞が関一丁目で行われました。
    木造の「第一次仮議事堂」が建てられ、そこで開催されたのです。

    (中略)

    【【 ねずさんのひとりごと】着工から17年という長期間を経て、ようやくいまの国会議事堂が完成…、その理由 。~おまけ「朝鮮総督府の「路上脱糞禁止令」と「キムチ」 の関係】の続きを読む

    このページのトップヘ